VBAエキスパート

業務効率化に有効と注目のVBA。実務経験と実践力を証明する資格。

Microsoft® Office アプリケーションのExcel®やAccess®に搭載されているマクロ機能やVBAのプログラミングスキルを認定する資格試験制度です。この取得によって「ユーザー自身のプログラミング能力」を客観的に証明できるだけでなく、膨大なデータ処理やルーティンワークに費やした時間を短縮でき、より高度な業務をこなせる実務力が身に付きます。

次回試験日

2014年9月28日(日)

試験申込受付期限:2014年9月21日(日)

各科目の試験概要

業務効率を飛躍的に向上させる「VBAエキスパート」には3つのレベルで5つの試験科目があります。ベーシック/スタンダードレベルの4科目は、Office製品の2000〜2007に対応。プロフェッショナルレベルはOffice Systemとの連携など、より専門的なスキルが求められます。いずれの科目も、実際の業務で多用されている機能やプログラムコードを重視した試験内容なので、あなたの実務経験とVBAの実践力をより性格に測ります。

Excel VBA Basic

Excel VBAの基本文法の理解力と、Visual Basic Editorを使った基礎的なマクロ読解・記述力を診断します。求められるスキルには、変数、セル・シートやブックの操作、条件分岐、ループなどが含まれます。
  • 受験料12,960円 (税込)
  • 試験時間50分
  • 問題数40問前後

Access VBA Basic

データベースの基礎知識やAccess VBAの基本的な文法をはじめ、関数、オブジェクトの操作、SQLの基礎的な理解力を診断します。変数、配列(1次元)、条件分岐、ループなどのほか、Visual Basic Editorを使った編集・デバッグの基礎などが含まれます。
  • 受験料12,960円 (税込)
  • 試験時間50分
  • 問題数40問前後

Excel VBA Standard

プロパティやメソッドなどのExcel VBAの基本文法の理解力と、「Excel VBA Basic」に比べ、より高度なマクロの読解・記述力を診断します。「Excel VBA Basic」の内容をより深めた知識に加え、配列、ファイルの操作、OLE、ユーザフォームの利用などが含まれます。
  • 受験料14,580円 (税込)
  • 試験時間50分
  • 問題数40問前後

Access VBA Standard

データベースの基礎、VBAの基本構文、SQLなどの「Access VBA Basic」のスキルに加え、より高度なプログラムを記述・理解する能力を診断します。暮らすモジュールやコンポーネントの利用、ファイル操作、ADOやDAOの利用、Visual Basic Editorの利用とエラーへの対処方法などが含まれます。
  • 受験料14,580円 (税込)
  • 試験時間60分
  • 問題数40問前後

VBA Expert Standard Crown

スタンダードレベルの2科目を取得すると、「VBA Expert Standard Crown」という特別な称号と認定証が送られます。

VBA Professional Office 2003

Office Systemとしての活用を推進し、ユーザの作業効率を最大に引き出すシステム開発者やSEとしての役割を担っている方を対象としています。ExcelやAccessといったアプリケーション単体でのVBAスキルだけでなく、アプリケーション間での連携、外部のデータベースへの接続、Officeアプリケーションのバージョンアップに伴うVBAマイグレーションなど、要求される内容は多岐にわたります。VBAの知識は元より、エラー処理やプログラムの高速かに関する問題など、その他のレベルに比べてより専門的な知識が求められます。
  • 受験料16,200円 (税込)
  • 試験時間60分
  • 問題数35問

受験のご案内

試験概要

すべての科目はコンピュータ(試験会場のWindowsマシン)を使って解答する試験(CBT)です。合否の判定は試験直後にモニタ上に表示され、試験結果のレポオートも即日発行されます。「合格認定証」及び、VBA Expert Standard Crownの対象者送られるスタンダードクラウンの認定証は、後日郵送されます。

受験申込方法

「塚口オープンカレッジ」にて申込手続きを行ってください。
>>アクセスはこちら